お問い合わせ
Select Page

LifeSphere® Safety

国内及びグローバルのファーマコビジランス、臨床安全性及びベネフィット・リスク管理プログラム

LifeSphere® Safety ファーマコビジランス及び医薬品安全性ソフトウェアプラットフォーム アリスグローバルは、革新的なファーマコビジランスソフトウェア及び医薬品安全性プラットフォームにおいて先端的な役割を担い、従来の安全性データ管理と報告プロセスからの脱却に努めています。30年以上にわたる安全性の経験を基に、シグナル検出とリスク管理に対する規制意識の高まりにこたえ、有害事象報告に対応するために必要な専門知識を提供しています。 アリスグローバルの LifeSphere Safetyは、マルチテナント型クラウドベースのファーマコビジランス及び安全性スイートで、業界標準プラクティスを活用し、Out-of-Box形式の機能として導入され、製品ライフサイクルを一変します。ライフサイエンスのコグニティブ・コンピューティング・ プラットフォームであるLifeSphere Safetyは、症例処理などのコアプロセスを自動化し、ファーマコビジランス、臨床上の安全性及びベネフィット・リスク管理プログラムを効率的なものへと導きます。すべての地域のローカル要件を含む、ICH、FDA、EMA及びPMDAの規制に完全に準拠したE2B(R3)を提供しています。 LifeSphere Safetyの特徴

  • 複数の安全性プロセスに対してミッションクリティカルなベネフィットを提供
  • 包括的なプラットフォームを通じて200社以上のマルチテナント型クラウドの顧客にサービスを提供
  • マルチテナント型クラウドベースのコンピューティングにより、時間のかかる高価なアップグレードが不要になることで、所有コストを削減
  • 個別症例安全性報告(ICSR)を含む、安全性症例処理のニーズを全面的にサポート
  • 安全性データの収集、判断、評価の機能を強化
  • オープンアーキテクチャにより、ファーマコビジランス処理システムにおけるあらゆる症例管理とシームレスに統合

LifeSphereモジュール

LifeSphere® Safety MultiVigilance  SUSARを含む臨床安全性症例及び市販後安全性症例を処理することができるシングルグローバルデータベースです。

LifeSphere® Signal Detection and Risk Management  医薬品の安全性インテリジェンス、シグナル管理及びリスク軽減プロセスに対応します。

LifeSphere® Intake and Triage ベンダーに依存しないトリアージツールで、ソースに関係なく有害事象データの受領を自動化します。

LifeSphere® Submission Tracking ローカル要件に対するローカルナレッジを活用しながらアウトバンド症例報告の標準化を実現します。

LifeSphere® Reporting and Analytics 安全性データ解析のための包括的な安全性分析ソリューションで、LifeSphere Safety™の全製品とOut-of-Boxの形式で統合します。

LifeSphere® Central Coding 高度な中央集中型のコーディング及び辞書管理システムで、様々なソースからの報告用語をコーディングします。

LifeSphere® Vet Safety 包括的な動物用安全性報告システムで、完全な電子報告が可能です。

LifeSphere® Mobile MA  ステークホルダーによる有害事象の簡易な報告を可能にし、Web ベースのキャプチャソリューション又はモバイルアプリとして利用できます。

LifeSphere® Safety ファーマコビジランス及び医薬品安全性ソフトウェアプラットフォーム アリスグローバルは、革新的なファーマコビジランスソフトウェア及び医薬品安全性プラットフォームにおいて先端的な役割を担い、従来の安全性データ管理と報告プロセスからの脱却に努めています。30年以上にわたる安全性の経験を基に、シグナル検出とリスク管理に対する規制意識の高まりにこたえ、有害事象報告に対応するために必要な専門知識を提供しています。 アリスグローバルの LifeSphere Safetyは、マルチテナント型クラウドベースのファーマコビジランス及び安全性スイートで、業界標準プラクティスを活用し、Out-of-Box形式の機能として導入され、製品ライフサイクルを一変します。ライフサイエンスのコグニティブ・コンピューティング・ プラットフォームであるLifeSphere Safetyは、症例処理などのコアプロセスを自動化し、ファーマコビジランス、臨床上の安全性及びベネフィット・リスク管理プログラムを効率的なものへと導きます。すべての地域のローカル要件を含む、ICH、FDA、EMA及びPMDAの規制に完全に準拠したE2B(R3)を提供しています。 LifeSphere Safetyの特徴

  • 複数の安全性プロセスに対してミッションクリティカルなベネフィットを提供
  • 包括的なプラットフォームを通じて200社以上のマルチテナント型クラウドの顧客にサービスを提供
  • マルチテナント型クラウドベースのコンピューティングにより、時間のかかる高価なアップグレードが不要になることで、所有コストを削減
  • 個別症例安全性報告(ICSR)を含む、安全性症例処理のニーズを全面的にサポート
  • 安全性データの収集、判断、評価の機能を強化
  • オープンアーキテクチャにより、ファーマコビジランス処理システムにおけるあらゆる症例管理とシームレスに統合

LifeSphereモジュール

LifeSphere® Safety MultiVigilance  SUSARを含む臨床安全性症例及び市販後安全性症例を処理することができるシングルグローバルデータベースです。

LifeSphere® Signal Detection and Risk Management  医薬品の安全性インテリジェンス、シグナル管理及びリスク軽減プロセスに対応します。

LifeSphere® Intake and Triage ベンダーに依存しないトリアージツールで、ソースに関係なく有害事象データの受領を自動化します。

LifeSphere® Submission Tracking ローカル要件に対するローカルナレッジを活用しながらアウトバンド症例報告の標準化を実現します。

LifeSphere® Reporting and Analytics 安全性データ解析のための包括的な安全性分析ソリューションで、LifeSphere Safety™の全製品とOut-of-Boxの形式で統合します。

LifeSphere® Central Coding 高度な中央集中型のコーディング及び辞書管理システムで、様々なソースからの報告用語をコーディングします。

LifeSphere® Vet Safety 包括的な動物用安全性報告システムで、完全な電子報告が可能です。

LifeSphere® Mobile MA  ステークホルダーによる有害事象の簡易な報告を可能にし、Web ベースのキャプチャソリューション又はモバイルアプリとして利用できます。

Fact Sheets