LifeSphere® MultiVigilance

ICSR処理のための次世代プラットフォーム

主な利点


  • 主要アクティビティの自動化によるICSR処理の時間とコストの削減、安全性、製品のクレームおよびメディカル情報管理の間で安全性症例をシームレスに交換することにより、より高いレベルのコンプライアンスを実現
  • 無制限のNamed Userライセンスを使用したマルチテナントクラウドへの迅速な実装
  • プラットフォーム上では将来の無償アップグレード
  • 開発段階において広範囲にテストされ、すでにFDAによって使用されている、実績のあるプラット フォームをお客様に保証

LifeSphere® MultiVigilance 自動化された安全性症例プロセ 

LifeSphere MultiVigilance(LSMV)は、個別症例安全報告(ICSR)処理のための次世代プラットフォームです。このプラットフォームは、自然言語処理(NLP)と機械学習を活用してケース処理アクティビティを自動化および合理化する、ArisGlobalのコグニティブコンピューティングエンジンであるLifeSphere Navaを搭載しています。

LSMV内の各自動化機能は、開発プロセス中にArisGlobalのファーマコビジランスおよびITの専門家によって、また当社の戦略的パートナーによって広範囲にわたってテストされています。その結果、LSMVのお客様は、業界のベストプラクティスを反映したソリューションを確実に手に入れることが可能です。

LSMVは、また製品のクレームやメディカル情報管理と完全に統合された、最初で唯一の統合ICSR処理プラットフォームです。製薬企業は、現在これらの重要な機能間で安全性症例のシームレスなデータ交換を+B12順守するという新たな側面から恩恵を受けています。

LifeSphere® MultiVigilance 自動化された安全性症例プロセ 

LifeSphere MultiVigilance(LSMV)は、個別症例安全報告(ICSR)処理のための次世代プラットフォームです。このプラットフォームは、自然言語処理(NLP)と機械学習を活用してケース処理アクティビティを自動化および合理化する、ArisGlobalのコグニティブコンピューティングエンジンであるLifeSphere Navaを搭載しています。

LSMV内の各自動化機能は、開発プロセス中にArisGlobalのファーマコビジランスおよびITの専門家によって、また当社の戦略的パートナーによって広範囲にわたってテストされています。その結果、LSMVのお客様は、業界のベストプラクティスを反映したソリューションを確実に手に入れることが可能です。

LSMVは、また製品のクレームやメディカル情報管理と完全に統合された、最初で唯一の統合ICSR処理プラットフォームです。製薬企業は、現在これらの重要な機能間で安全性症例のシームレスなデータ交換を+B12順守するという新たな側面から恩恵を受けています。

Newscast

主な利点
  • 主要アクティビティの自動化によるICSR処理の時間とコストの削減、安全性、製品のクレームおよびメディカル情報管理の間で安全性症例をシームレスに交換することにより、より高いレベルのコンプライアンスを実現
  • 無制限のNamed Userライセンスを使用したマルチテナントクラウドへの迅速な実装
  • プラットフォーム上では将来の無償アップグレード
  • 開発段階において広範囲にテストされ、すでにFDAによって使用されている、実績のあるプラット フォームをお客様に保証