お問い合わせ
Select Page

LifeSphere Mobile MA

(旧 agReporter)

主な利点


  • セルフサービスのオンラインポータル又はモバイルアプリとして利用可能
  • 医療関係者、顧客、MR、コールセンター等、ロールベースのフォームを作成
  • FAQ及び標準ドキュメントを含む、承認済みコンテンツへのセキュリティ保護されたアクセス
  • オフライン時の使用を可能にし、生産性を向上

LifeSphere Mobile MA™  有害事象報告のためのセルフサービスポータル

LifeSphere Mobile MA™ は、MSL、MR、医療専門家及び患者が、自分のスマートフォンやタブレットから直接、単一の統合されたプラットフォームを利用して、有害事象のトラッキングや報告、医療に関する問い合わせ及び製品クレームの報告を行うためのセルフサービスポータルです。

最新のモバイルテクノロジーを活用したモバイル型医療情報ソリューションであるLifeSphere Mobile MAは、クレーム、有害事象及び医療に関する問い合わせを管理するための既存システムと容易に統合が可能なオープンアーキテクチャに基づいており、LifeSphere MI、LifeSphere Intake and Triage及びLifeSphere  Product Complaintsで構成されるアリスグローバルの統合医療情報ソフトウェアだけでなく、Oracle Argusグローバル医薬品安全性データベースとOut-of-Boxの形式で統合されます。

業界のベストプラクティスを基に構築された、フレキシブルな有害事象報告とトラッキングのためのシステムであるLifeSphere Mobile MAでは、登録ユーザーはユーザー権限に基づいたアクティビティ履歴の閲覧、フォローアップの報告、公開されたFAQ及びドキュメントへのアクセスが可能です。また未登録ユーザーは、報告、クレーム又は問い合わせの送信が可能です。

Background

With limited time, it is often difficult for patients, healthcare professionals and internal stakeholders such as MSLs and sales representatives to report adverse events in a timely and accurate manner. Sales reps and MSLs are often given paper reporting forms, word documents or asked to use online web forms that are often difficult to access. This often leads to late or even lost reports leading to significant compliance issues which can lead to serious sanctions and fines by the regulatory agencies. Every company representative, whether field-based or office-based needs the tools to allow them to report potential adverse event report as efficiently as possible. It is then the responsibility of the PV group to triage all inbound receipts and determine if these are valid reports, classifying them as new reports, duplicates or follow-ups before processing in the global drug safety database.