お問い合わせ
Select Page

LifeSphere Central Coding

(旧 agEncoder)

主な利点


  • 組織全体のコーディングプロセスを標準化
  • 辞書の様々なバージョンの管理を簡素化
  • 業界標準プラクティスをデフォルト設定として統合
  • ICSR及び安全性定期報告に対するICH及び日本の安全性と規制の義務を遵守

LifeSphere Central Coding™  整合性を促進するメディカルコーディングソリューション

LifeSphere Central Codingは、Webベースのメディカルコーディング及び辞書管理ソリューションで、コグニティブ・コンピューティングを使用してコーディングプロセスを自動化します。オープンアーキテクチャにより、ファーマコビジランスの症例処理を行うLifeSphere Safety MultiVigilanceLifeSphere EDCとのシームレスな統合だけでなく、外部の安全性システムやEDCシステムとのWebサービスの統合も可能です。

コーディング及び辞書管理システムであるLifeSphere Central Codingは、様々なシステムからの薬剤に関する報告用語をコード化し、薬剤辞書及び医学辞書を中央で維持管理します。グラフィカルなユーザーインターフェイスにより、ユーザーはマウスを1回クリックするだけで、MedDRA又はWHO-DDの新しいバージョンの影響を把握することができます。マルチテナント型クラウドコンピューティングがコーディングの整合性と効率性を高め、ユーザーは重篤な有害事象をより迅速に照合できるようになります。

LifeSphere Central Coding™  整合性を促進するメディカルコーディングソリューション

LifeSphere Central Codingは、Webベースのメディカルコーディング及び辞書管理ソリューションで、コグニティブ・コンピューティングを使用してコーディングプロセスを自動化します。オープンアーキテクチャにより、ファーマコビジランスの症例処理を行うLifeSphere Safety MultiVigilanceLifeSphere EDCとのシームレスな統合だけでなく、外部の安全性システムやEDCシステムとのWebサービスの統合も可能です。

コーディング及び辞書管理システムであるLifeSphere Central Codingは、様々なシステムからの薬剤に関する報告用語をコード化し、薬剤辞書及び医学辞書を中央で維持管理します。グラフィカルなユーザーインターフェイスにより、ユーザーはマウスを1回クリックするだけで、MedDRA又はWHO-DDの新しいバージョンの影響を把握することができます。マルチテナント型クラウドコンピューティングがコーディングの整合性と効率性を高め、ユーザーは重篤な有害事象をより迅速に照合できるようになります。

主な利点
  • 組織全体のコーディングプロセスを標準化
  • 辞書の様々なバージョンの管理を簡素化
  • 業界標準プラクティスをデフォルト設定として統合
  • ICSR及び安全性定期報告に対するICH及び日本の安全性と規制の義務を遵守