お問い合わせ

プレスリリース

参天製薬、ArisGlobalのLSMVマルチテナントドラッグセーフティスイートに切り替え

眼科に特化したスペシャリティ・カンパニーである参天製薬は、グローバルシングルの安全データベースを構築し、グローバルな医薬品・医療機器の安全性監視プロセスの効率と品質を向上させるためにArisGlobalルを選択しました。参天製薬のセーフティスイートには、主要なファーマコビジランス活動を自動化し、コストを削減し、コンプライアンスを向上させるためのArisGlobalのLifeSphere(R) MultiVigilance(LSMV)、LifeSphere(R) Reporting and AnalyticsおよびLifeSphere(R) Intake and Triageソリューションが含まれます

read more

Fosun製薬が世界規模のファーマコビジランス戦略の下支えに アリスグローバルのLifeSphere ® Safety MultiVigilance・ ソリューションスイートを選択

ライフサイエンステクノロジーのリーディングプロバイダー、アリスグローバル(ArisGlobal)は、中国を拠点とするFosun製薬が世界規模のファーマコビジランス・システムにLifeSphere ® Safety MultiVigilance(LSMV:LifeSphere Safety MultiVigilance)を選択したことを発表しました。Fosun製薬は、より高い効率性とコンプライアンスでE2B (R3)に完全準拠するため、アリスグローバルの技術を採用しました。この選択は、医薬品研究開発業界にワンストップ・ソリューションを提供するエファーマ・ヘルスケア・テクノロジー(Epharma Healthcare Technology Co., Ltd)との連携で行われました。

read more

米国FDAがArisGlobalの次世代統合型安全性 プラットフォーム (LifeSphere) を選定

米国FDAは新しい統合型安全性プラットフォームのコンポーネントに LifeSphere MultiVigilance (ライフスフィア・マルチビジランス)、Medical Information (メディカル・インフォメーション)、Product Complaints (プロダクト・コンプレインツ)を選定

米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration:https://www.fda.gov/ )は、FDA有害事象報告システム(FAERS:FDA Adverse Event Reporting System)の開発、近代化、強化支援のためブーズ・アレン・ハミルトン(Booz Allen Hamilton)を選択しました。この任務の一環として当局は、現在のファーマコビジランスシステムの一部に代わって安全性報告を取り込み、トリアージ、処理してレビューや分析に利用できるようにするArisGlobal のLifeSphere MultiVigilance(LSMV)プラットフォームを実装します

read more

ArisGlobalがコグニティブ・コンピューティング搭載のLifeSphere® MultiVigilance(LSMV)プラットフォームを発表

大手企業や規制当局がLSMVスイートの主要なアプリケーションであるLifeSphere Intake and Triageを導入 ライフサイエンステクノロジーのリーディングプロバイダーであるArisGlobalは、ArisGlobalのコグニティブ・コンピューティング・エンジンであるLifeSphere Navaを搭載した、個別症例安全性報告(ISCR:Individual Case Safety Report)を取り込むための次世代プラットフォームであるLifeSphere MultiVigilanceを発表しました。LifeSphere MultiVigilanceは、最新のロボティックオートメーションと、自然言語処理(NLP)や機械学習などのコグニティブ・コンピューティング技術を用いた、クラウド向けに設計された完全に新しい

read more

Dohmen Life Science Services(DLSS)がアリスグローバルのLifeSphere(R)Safety MultiVigilanceのマルチテナント型クラウドプラットフォームを選択

クラス最高のメディカルコミュニケーション、PV、商業サービスにコグニティブ・コンピューティングを追加 マイアミ(米国)、2018年8月14日 -- ライフサイエンステクノロジーのリーディングプロバイダーであるアリスグローバルは、ライフサイエンス業界における商業化アウトソーシングサービスの大手プロバイダーであるDohmen Life Science...

read more

APCERライフ・サイエンシズとアリスグローバルがグローバル・ファーマコビジランス向けマルチテナント型ライフスフィア(R)セイフティーマルチビジランス稼働

最高品質PVサービスと技術のプラットフォームが、規制コンプライアンスのスピード、コスト、分析的洞察の枠組みを再定義   ライフサイエンス向け統合型マルチテナント、クラウドベース・ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるアリスグローバル(ArisGlobal)と、業界が推奨するエンドツーエンド・ファーマコビジランスのサービスプロバイダーであるAPCERライフ・サイエンシズ(APCER Life...

read more

CelegensとArisGlobalがRIMSとIDMPのサービスとしての事業プロセス提供でパートナーに

マイアミ(米国)、2018年6月14日--セレジェンスとアリスグローバルの戦略的パートナーシップにより、ライフサイエンス企業は革新的で効率的、コスト効果の高い法規制コンプライアンスのモデル利用が可能に ライフサイエンス向け統合型クラウドベース・ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるアリスグローバル(ArisGlobal)は、世界的な規制関連業務サービスプロバイダーのセレジェンス(Celegence)を規制に対応するサービスとしての事業プロセス(BPaaS:Business...

read more

ArisGlobalは、中国市場向けのファーマコビジランスのソリューションで現地パートナーを通じて、LifeSphere Safety MultiVigilance(TM)を紹介します

CFDAの医薬品審評センターが、中国での臨床試験から安全性情報の迅速な報告のために適債基準および手続きをします。   Miami, Florida, May 2, 2018 – アリスグローバル(ライフサイエンス向けのクラウドベースの統合されたソフトウェアのリーディングカンパニー)は、China FDA, Center of Drug Evaluation が LifeSphere Safety MultiVigilance...

read more

ArisGlobalのLifeSphereEV Triage(R) がE2B (R3)の症例トリアージ (識別)を自動化

アリスグローバルのLifeSphereEV Triage(TM)がE2B (R3)の症例トリアージ (識別)を自動化 マイアミ(米国)、2018年4月26日 --ライフサイエンス向け統合型クラウドベース・ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるアリスグローバル(ArisGlobal)は、本日製造販売承認取得者(MAH)のその他非特異的症例の医薬品に関わる適用可能な個別症例安全性報告(ICSR:individual case safety...

read more