ArisGlobal

agCloud™

ライフサイエンスシステムの管理をクラウドで

アリスグローバルは、従来のクラウドサービスを拡張して、アリスグローバル製アプリケーションのオンデマンド提供を超えたサービスを開始しています。 お客様は、アリスグローバル製品以外の市販アプリケーションをニーズに合わせて選択できるようになりました。これにより、アリスグローバルのバリデーション済みの安全なプライベートクラウド上で稼働させることができるため、臨床のエコシステム、安全性情報管理のエコシステム、薬事関連のエコシステムなど独自のエコシステムを構築しやすくなります。アリスグローバルのクラウドはagCloudと呼ばれています。.

agCloud_JP

agCloud上でエコシステムを構築するために提供されているサービスには、インフラストラクチャサービス、プラットフォームサービス、およびマネージドサービスがあります。

1. インフラストラクチャサービス

サーバーのインフラストラクチャ
ストレージのインフラストラクチャ(高速で可用性が高い)
ネットワーク(LANおよびSANスイッチ)
ファイアウォール機器

2. プラットフォームサービス

ソフトウェアライブラリ
可視化(OSと基本的な監視機能)
Webサーバー(IIS、Apache)
アプリケーションおよびミドルウェアサーバー(Websphere、Weblogic、JBoss、Tomcat)
コンテンツ管理サーバー(Documentum、SharePoint)
データベース(MS SQL、Oracle、MySQL)

3. マネージドサービス

インフラストラクチャ管理とパフォーマンス監視サービス
ITサービスの継続性管理と障害復旧
ITサービスデスクの運用
コンピュータシステムのバリデーション
アプリケーション管理サービス

agCloudへの移行による業務上のメリット

バリデーション済みの最新クラウドインフラストラクチャを世界規模のデータセンター環境でホスティング
高可用性、高スケーラビリティ、高パフォーマンスを保証する堅牢なクラウドプラットフォーム
総所有コスト(TCO)の削減
‒ 初期投資不要
‒ 従量制の価格モデル
‒ 最適化されたコスト支出による予測可能なサービス
システム展開の迅速化
戦略的でないサポート終了されている技術からの脱却。コアビジネスを集中支援
厳しいサービスレベルアグリーメント(SLA)
ITIL v3サービスデリバリーモデルに準拠した透明性の高いIT運用
メトリクスベースの管理と堅牢なサービスデリバリーフレームワーク
ベンチマーク評価されたリスク管理方法

agCloudやagOnDemandを選択する理由

バリデーション済みの安全な、ライフサイエンス用の最新プライベートクラウド。規制の変更に常に対応し、ライフサイエンス業界に特有の要件すべてを満たしている、世界トップクラスのデータセンター環境でホスティング
マルチテナントによるデータの機密性の保証
高可用性と高パフォーマンス
FDAおよびEMA監査に適合したクラウドホスティング設定
agCloudプラットフォームの継続的な拡張により、常に最新の技術を提供して高水準のパフォーマンス、信頼性、効率性を保証
‒ コンプライアンスフレームワーク: ISO 9001, ISO 20000, FDA 21 CFR Part 11, EU Annex 11, GAMP5
‒ セキュリティフレームワーク: ISO 27001, EUDPD, Safe Harbor, HIPAA, PCI DSS, SSAE16, AICPA SOC2 (in-progress)
‒ 以下の資産の管理フレームワーク:
ᵒ プロセス: プログラム管理 – PMP, PMBOK, マネージドサービス: ITIL ,
ISO 20000
ᵒ ツール: プログラム管理 – MPP, Digite, コラボレーション – SharePoint, サービス管理 – SDP, 監視 – Op/App Manager
ᵒ 人材: プロジェクトスポンサー、プロジェクト運営委員会、プログラム担当役員、プロジェクトマネージャー

        デモの申込み