お問い合わせ
Select Page

LifeSphere® Intake And Triage

インバウンドの症例受信とトリアージを自動化

主な利点


  • 自動化により症例処理の時間を削減
  • 中央医薬品安全性データベース(Oracle Argus™など)とシームレスに統合
  • モバイルデータ収集アプリと統合
  • 強力な光学式文字認識
  • データ評価での強化された重複チェック
  • マルチテナント型プラットフォーム上に構築することで迅速な導入とアップグレードの機能を実現
LifeSphere® Intake and Triage  インバウンドの症例受信とトリアージを自動化

LifeSphere Intake and Triageは、インバウンドの症例受信とトリアージのユニークなツールで、有害事象データの受領を効率化し、自動化することで、症例処理の時間を大幅に短縮します。LifeSphere® Safety MultiVigilance、Oracle Argus™及びその他の医薬品安全性データベースに対するフロントエンドとして設計されており、オープンアーキテクチャによって、ソースに関係なく簡単に症例をトリアージし、処理することが可能です。

E2B(R3)に準拠したユニークなトリアージソリューションであるLifeSphere Intake and Triageは、コグニティブ・コンピューティングを導入し、電子メールとファックスの統合、文献検索、高度なOCR、EDCソフトウェア統合及びモバイルデータ収集にわたる取込み処理を自動化します。

最新の豊富な機能を備えたユーザーインターフェイスにより、LifeSphere Intake and Triageは患者データの入力をすばやく簡単なものにすると同時に、強力な検索とエクスポート可能なリストによって、データの視覚化と分析を実現します。医薬品安全性データベースユーザーは、関連会社、ライセンスパートナー、さらにCROにおける症例入力処理を簡素化でき、トレーニングの必要性を低減し、コストを削減することができます。

LifeSphere® Intake and Triage  インバウンドの症例受信とトリアージを自動化

LifeSphere Intake and Triageは、インバウンドの症例受信とトリアージのユニークなツールで、有害事象データの受領を効率化し、自動化することで、症例処理の時間を大幅に短縮します。LifeSphere® Safety MultiVigilance、Oracle Argus™及びその他の医薬品安全性データベースに対するフロントエンドとして設計されており、オープンアーキテクチャによって、ソースに関係なく簡単に症例をトリアージし、処理することが可能です。

E2B(R3)に準拠したユニークなトリアージソリューションであるLifeSphere Intake and Triageは、コグニティブ・コンピューティングを導入し、電子メールとファックスの統合、文献検索、高度なOCR、EDCソフトウェア統合及びモバイルデータ収集にわたる取込み処理を自動化します。

最新の豊富な機能を備えたユーザーインターフェイスにより、LifeSphere Intake and Triageは患者データの入力をすばやく簡単なものにすると同時に、強力な検索とエクスポート可能なリストによって、データの視覚化と分析を実現します。医薬品安全性データベースユーザーは、関連会社、ライセンスパートナー、さらにCROにおける症例入力処理を簡素化でき、トレーニングの必要性を低減し、コストを削減することができます。

Newscast

主な利点
  • 自動化により症例処理の時間を削減
  • 中央医薬品安全性データベース(Oracle Argus™など)とシームレスに統合
  • モバイルデータ収集アプリと統合
  • 強力な光学式文字認識
  • データ評価での強化された重複チェック
  • マルチテナント型プラットフォーム上に構築することで迅速な導入とアップグレードの機能を実現