ArisGlobal

ArisGlobal LifeSphere コグニティブプラットフォーム

背景

今日のライフサイエンス企業は最大の挑戦である問題の多様な調整に直面しています。
そして最も経験豊富なチームは:

  • 進化している規制の複雑さ、義務に対する関与、そして準拠の要求
  • 非効率性、マニュアルプロセスによる生産性の妨げ、そして協調の阻み
  • データおよびソフトウェアの互換性を保つ相互システムの連携を達成するための
    極めて困難である”真の単一ソース”の問題の発生

企業は当然のことながら、簡単に遵守することができなく、実用的な洞察、可視化、知的な意思決定をするための情報を得ます。

ArisGlobal LifeSphere コグニティブプラットフォーム– 画期的なプラットフォーム

それに応え、アリスグローバルは、臨床開発から商用およびマーケティングに至る全体の医薬品のライフサイクルを支援するための最も完全なコグニティブコンピューティングプラットフォームArisGlobal LifeSphere Platform提供するために30年間の経験を生かしてきました。

最初にグローバルの規制遵守を中核に、臨床操作、臨床データ管理、ファーマコビジランス、ベネフィット・リスク評価、シグナル検出、規制関連業務、医療コミュニケーションを含む全ての主要な機能のLifeSphereへの変換をします。

4 つの主要な信条に基づき

  • コグニティンブコンピューティングとデジタルテクノロジー:

    LifeSphereはプロセス時間を削減するために、中核のプロセスの自動化を可能にし、高度な機械学習機能を利用しています。

  • Industry Standard Best Practices (ISP):

    共同での開発、顧客によるバリデートされた開発をしながら、全ての中核となるプロセスを反映してきました。そして医薬品ライフサイクルの全て領域に変換するための特徴や機能をOut of the Boxとして実装しました。

  • マルチテナントクラウドとしての展開

    高度なSoftware-as-a-Service (SaaS)の機能は、規制改訂、アップグレード、保守コストの変化に対する防止を準拠、安全性、プリバリデートされたプラットフォームにより提供します。

  • オープンアーキテクチャー:

    LifeSphereプラットフォームとそれらのモジュールは、お互いにシームレスな連携をします、そして、”真の単一ソース”の横断的なプロセス効率、協調、制御、可視化の納入改善のためにサードパーティソリューションと簡単に連携が可能なオープンアーキテクチャーを意図的に構築します。

医薬品ライフサイクルの全ての部分のための LifeSphere プラットフォーム

LifeSphere Safetyは、世界をリードするマルチテナントクラウドベースのファーマコビジランスソフトウェアプラットフォームで、国内およびグローバルのファーマコビジランスの効果的な実装の企業に支援するために、世界一流の安全性データベースの全ての最高の特徴および機能を顧客に提供します。

LifeSphere Regulatoryは、エンドツーエンドの薬事関連業務管理の規制情報管理 (RIMS)、IDMPソリューション、XEVMPDおよびeCTDのための革新的な規制準拠ソフトウェアソリューションとして先導しています。

LifeSphere Clinicalは、臨床操作および臨床データ管理の統一と変換のために、革新的でベストプラクティスベースのeClinicalソフトウェアソリューションです。ユーザは、シングルサインオン (SSO)されたポータルから9つの不可欠なモジュールで構成された全ての統一されたCTMSおよびCDMSソリューションをもちます。

LifeSphere Medical Affairsは、単一、統合されたワークスペースで、全てのメディカルインフォメーション管理機能がサポートされた唯一のモバイルソリューションです。