ArisGlobal

アリスグローバルが医薬品の安全性およびリスク管理プラットフォームであるagBalanceの顧客基盤を拡大


企業はシームレスな統合、エンドツーエンドの安全性ライフサイクル管理、使いやすさを求めてシグナル検出とリスク管理ソリューションに目を向けています

ライフサイエンス業界向けクラウドベースソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーであるアリスグローバルは、統合されたセーフティ・インテリジェンス、シグナル管理、リスク管理プラットフォームであるagBalanceを使用している4社の新規顧客を発表しました。

既存の安全性システムとの統合の容易さ、複雑なシグナル管理プロセスと規制要件の管理能力、リスク管理計画と有効性の測定の重要性の高まりおよびよりシンプルで直感的なユーザー・インターフェイスなどのいくつかの要因により、企業はagBalanceを採用しています。

• ビデオ: 詳しくはArisGlobal’s agBalance | Learn Moreを参照

ArisGlobalの安全性分析とリスク管理部門のヴァイスプレジデントのSharad Prakash氏は次のように述べています。「今日のデジタル世界では、ますます厳しい規制環境での患者の安全性に引き続き重点を置いているため、組織は安全性部門が可能な限り最も効果的かつ効率的な方法で情報を管理できるインテリジェントなプラットフォームを必要としています。agBalanceは、システマティックプロセスを通じてエンドツーエンドの安全性シグナルのライフサイクル管理を可能にし、その結果としてリスクを最小化する戦略 を実行しています」

一流の欧州製薬会社は、医薬品安全システムとシグナル検出プラットフォームの統合、ソースから推奨へのシグナル管理に対応できないこと、およびスピードが重視されるビジネスおよび規制報告書の作成における複雑さなど、多くの課題に直面していました。慎重な評価の後、企業はagBalanceがシグナル検出とリスク管理における現在および将来のニーズに完全に適合していることを明らかにしました。

欧州の管轄当局は、シグナル検出と管理活動を合理化するため、直感的なユーザー・インターフェイスと堅牢なワークフロー・エンジンを有するagBalanceを選択しました。agBalanceの優れたシグナル検出、安全性監視分析、高度な視覚化機能は大きな差別化要因となりました。

米国の中堅製薬会社は、当ソリューションが安全性システムの統合、すべての安全性ソースより包括的なファーマコビジランス分析へのアクセス、および地域および国レベルの要件をサポートする統合されたリスク管理計画とディストリビューションモジュールのニーズに合っていることを明らかにしました。

Prakash氏は「agBalanceへの世界的な関心は、組織が積極的な安全監視と構造化されたリスク管理戦略を検討していることの重要性を強調しています」と付け加えました。

英語のプレスリリースはこちらをクリックしてください。